紙おむつ vs 布おむつ(どっちがいいの?)

世間では紙おむつ一大ブームです。
少なくとも私の周りでは、布おむつを使用している人は一人しかいませんでした。
一人目となると、どちらで行こうか迷う人も多いと思います。

ここで紙おむつと布おむつの比較をしてみようと思います。

紙おむつ 布おむつ
費用 一枚12円から30円ほど 一枚100円から1000円まで幅広い
特徴 変えれば捨てる 繰返し使用可能
デメリット ストックが大変 洗濯が大変
合計費用 高め 経済的
その他 特になし おむつ以外におむつカバーが必要

昔ながらの布おむつを選択している人もだんだんと増えてきていますが、
紙おむつはテクノロジーの結晶です。進化がものすごいです。
それでも、布おむつに興味がある方へいくつか私の意見を述べておきます。

布おむつの見えないコスト

上記の比較表では「経済的」と書きましたが、赤ちゃんの頃は乳しか飲まないので特に問題が無いという人もいますが、
だんだん離乳食を食べる様になってくるとほぼ大人と同じ排泄物をだします(笑)。
臭いです(笑)。

今は、バケツにつけおきした後、洗濯機に放り込むのが主流ではありますが、
やはり排泄物がつきっぱなしで放っておくのは気になるものです。
こうなってくると、バケツを用意して完全に別である程度手で洗う必要が出てきます。
これが非常に手間です。
また、少し柔らかかったりすると洗うのに30分かかったりします。
大変な重労働です。
例えば洗濯にかかった時間、アルバイトでもしたら
いくら稼げるのでしょう。と見かけ上は安く見えますがメンテナンスにかかるあなた自身の人件費も含めて評価すべきだと
私は思います。

これってまるで洗濯機が無い時代の「川で洗濯」と何も変わりませんよね。

手間を省きつつ布おむつを使用したいならレンタルを

近年は布おむつを使用しつつ、紙おむつほどの手軽さで運用したいという要望に答える形で
布おむつのレンタル業者が増えてきています。
費用は大体安くて1週間 3000円くらい、ひと月で10000円くらいです。

レンタルのいいところは、
布おむつを洗わなくてもいいということです。
使用済み布おむつを専用の容器に入れておくと大体週に一度のペースで回収に来てくれます。
そしてきれいにクリーニングしてくれます。

それでも外出時は紙おむつを

どれだけ手間を省いても、やはり布おむつ一本でやっていくのは難しいです。
代表的なのは外出時です。外出の時に汚れた布おむつを持ち運ぶのは抵抗がある人が多いため
外出の時はやはり紙おむつ、ということになります。

外出時に紙おむつを使うなら、普段からなれさせるために併用を

外出時に紙おむつ、と決めるなら子供が普段と違う感触に驚いて泣き続けることを
避けるために、全く紙おむつを使わないのではなく、
普段も紙おむつをたまに使う、くらいのイメージで泣かないことを確かめておくことが
大事かと思います。

布おむつで育ててみよう
アズマ カナコ
文芸社
売り上げランキング: 5,410

紙おむつの言い忘れていた大きな弊害

紙おむつが色々な面において勝っているということではなかったです…

紙おむつを使用してすごいことに打ち当たってしまいました。
紙おむつを「洗濯」してしまったのです。
子供がある程度話が分かる様になると、お手伝いと称して
洗濯物を洗濯機の中や洗濯かごの中に入れてもらったりします。

それのチェックを怠ると、紙おむつが洗濯機の中に入ったまま
洗濯機をONしてしまうことになります。

紙おむつを洗濯するとエライことになる

紙おむつの中には吸水ポリマーがたくさん入っています。
洗濯すると紙おむつが破れ、
水を吸うとゲル状になり洗濯物にネッチョり付着してエラいことになります。
泣けます。

もし洗濯してしまったら

洗った洗濯物は一旦取り出し、
あんまり大事でないタオルを数本入れ、
塩をお玉いっぱいくらいいれて
もう一度まわしましょう。
私の場合はこれで洗濯機の中はきれいになりました。

その後、もう一度取り出した洗濯物を、できるだけ手でゲル状の付着物を
除去してから普通に洗濯してみましょう。

くれぐれも気をつけてください

紙おむつの進化により水分をたくさん吸うようになるということは、
それだけ中身が強力だということです。
子供がお手伝いする様になったら、洗濯機の中を常に確認するよう気をつけてくださいね(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です