マクドナルドのハッピーセットの電池交換方法(三角ドライバーの自作)

外出したとき、昼食に困ったらマクドナルドにいっちゃいます(笑)
特にショッピングモールのフードコートにあるようなところだと
子どもが騒いでも大丈夫ですよね。

あ、毎回ではないですけどね。ジャンクな感じなので(笑)

メニューは決まってハッピーセットです。
子どもは食べ物より「おもちゃ」だったりしますよねー

最近のハッピーセットはちょっとしたギミック(光ったり音が鳴ったり)があります。
もちろんこういうものは中には電子回路が使われており、電源は電池です。

動作がおかしい時は電池切れ間近よ

つまり電池が切れると動かなくなるんですよね。
あと、少し動作がおかしいときというのは大体電池切れ間際です。
音が繰り返し鳴ってしまうとか、光が点滅するとかそんなのです。

一定以上の品質の電子製品は電池から供給できる電力が必要とする電力の閾値以下になると、
誤動作を防ぐために電源が入らないようにするような対策を中のマイコンや回路などで取ったりしますが、
安価なものはそういうところを省くことで安く仕上げます。

なので、マクドナルドのハッピーセットに限らず電子おもちゃの動作がおかしいな、と感じたら電池切れを疑いましょう。

電池交換できない!?

電池がなくなったら変えよう、ということですが
さすがマクドナルドです。
簡単に中をあけさせないように、ねじの頭を通常の工具では回せないようにしてます。

ねじと言えばプラスかマイナスかちょっと回せなくするために最近はトルクスなんかも使われていますが
ハッピーセットのおもちゃはねじの頭が三角です。

三角ドライバーつくっちゃえ!

ところがこれがホームセンターとかでは売ってないんですよねー
じゃー、どうしましょう。ネットで探すか、うーん
つくっちゃいましょう!

ちょうどこのシュレックちゃんの電池が切れました。
sh01

三角ドライバーを作ります

用意するもの

・100均のプラスドライバー
・金属ヤスリ

ドライバーは100均のやつがいいです。柔らかいのです。
通常は金属部分をカタくするために色々な加工がされていますが、100均のやつはそのままです。つまり柔らかいのです。

そうです。削るのです。
プラスドライバーの持ち手をガイドに、三角に削っていきます。
sh02

こんな感じに
sh3

出来たのがこれです。
だいたいでいいのです。
IMG_0980
拡大がこれです。

IMG_09802

それでは電池交換しましょう!

sh05
ごめんねシュレックちゃん

sh06
ああバラバラに

sh07

sh08

電池交換のポイント

電池交換するためだけに分解するわけですから、元に戻せなくてはなりません。
何がどこにはまっているのか案外スグ忘れてしまいます。
それを防ぐために、必ず写真を撮りましょう。
お手持ちのスマホで問題ないですよ!

sh01
なおりましたー(再掲笑)

お約束ですが分解は自己責任で。

(おまけ)ボタン型電池について

ボタン形電池もいわゆる乾電池と同様に規格で形やタイプが決まっています。
表面に書かれた文字列「LR44」などをメモして買いにいきましょう。

ちなみにですが、LR44がおもちゃにはよく使われます。
LR41と単三電池とともに我が家にはたくさんストックしてあります。
子どもには触れさせないようにしてくださいよ(重要)
飲むと大変なことになります。

【通常盤】シュレック コンプリート・コレクション DVD BOX
パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン (2011-04-28)
売り上げランキング: 46,331

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です